MENU

大人ニキビの原因と改善法について

ニキビというと思春期にできるものと思いがちですが、実際には大人になってからもできます。
思春期ニキビの原因は成長ホルモンにあり、皮脂が過剰に分泌されて、毛穴に皮脂が詰まりやすい状態になり、そこにアクネ菌が発生し炎症を起こしてニキビになるのです。

 

一方20歳を超えてからもできる大人ニキビの原因は、いろいろな原因が混合されている場合が多いのですが、最も多いのがストレスと不規則な生活です。また、大人ニキビの場合、乾燥が原因でおきることも多いのが特徴です。

 

一見乾燥肌の人にはできそうもないように思うニキビですが、乾燥していると水分を脂分で補おうとしてしまい、過剰に皮脂が分泌されてしまうためにニキビになってしまうのです。

 

乾燥肌の人は保湿ケアをすることで大人にきびが改善されることがあります。
また、夜型の生活を改め、食生活も見直してみましょう。

 

大人にきびの対策として、酸化予防効果のあるビタミンCや、角質を整える効果のあるカルシウムの摂取、整腸作用のある食物繊維を気を付けて摂ることで、からだの内側から改善されていくでしょう。

 

また、洗顔も大切です。ホットタオルをお顔にあてて毛穴を開かせてから、ぬるま湯で洗顔料を泡立てて包み込むように洗顔しましょう。
回数は、朝と夜の1日2回ほどで十分です。洗いすぎてしまうとうるおいが不足してしまうからです。またできてしまったニキビは気になって触ってしまいがちですが、ひっかいたり、つぶしたりするとニキビを悪化させてしまい、跡に残る原因となりますから、できてしまったニキビはさわらないようにしましょう。
そして、規則正しい生活と、肌に優しい洗顔で、ニキビの発生を抑えるように心がけましょう。

 

しつこいニキビを治す - TOPへ

 

大人ニキビの原因と改善法関連ページ

にきびができる原因について
ニキビが出来るにはかならず原因があります。その原因は、1人1人違いますが自分にあてはまることがあれば改善する努力をしてみましょう。
にきびが出来やすい年代
ニキビと一言で呼ばれますができる箇所によって原因が違いますし、できやすい年齢も様々違います。それぞれのニキビの原因とできやすい年代について少し説明いたします。
ニキビが炎症を起こす原因
ニキビとは、皮膚の炎症性疾患の一つです。顔面、胸、背に発症するものを、医学的に尋常性ざそうといいます。一般的には、青年期に顔面に発生するものをニキビと呼びます。
肌の乾燥とニキビ
乾燥肌なのにニキビができるにはいくつか理由があります。肌が乾燥していると肌のうるおいを補うために皮脂が多く分泌されるようになります。多く分泌された皮脂が毛穴につまりニキビができやすくなるのです。