MENU

ニキビの原因とできやすい年代について

ニキビと一言で呼ばれますができる箇所によって原因が違いますし、できやすい年齢も様々違います。それぞれのニキビの原因とできやすい年代について少し説明いたします。

 

まず、眉毛から眉間、鼻筋にかけてのTゾーンは皮脂腺が発達しやすい部分です。
ホルモンバランスが不安定な10代やオイリー肌の体質の人に多く、過剰な皮脂の分泌によって毛穴が目詰まりしてしまうのが原因といわれています。

 

Tゾーンにニキビができやすい人は洗顔時に二度洗いを心がけたりこまめに油取り紙で皮脂をふき取るなどをして肌を清潔に保つことを心がけましょう。
また、皮脂が出やすい食べ物や刺激物を控えるなど食事にも気をつけましょう。

 

あごや首にかけては男性ならばヒゲがはえる箇所です。男性ホルモンや感受性の影響を受けてニキビが出安い場所です。
口の周りは食べ物や油っぽ食べ物を好むなどの偏食によって胃腸が弱ることでニキビのできやすくなる場所です。

 

思春期よりも成人してからの大人ニキビが多い傾向にあります。
ニキビの基本的な対策として炭水化物や糖質は原因となりやすいので適度の量の摂取を心がけ、暴飲暴食には注意しましょう。
また、食事は腹八分を常に心かけるようにしましょう。他にも手や手の甲で口の周りを触ったり、頬杖などをつく癖のある人は口の周りにニキビができやすくなる場合があります。

 

額のニキビは成人よりも思春期ニキビに多いようです。ホルモンバランスの乱れが原因であったり、前髪の毛先が額に触ったり、シャンプーの洗い残しが原因であったりします。

 

しつこいニキビ - TOPへ

 

 

 

 

 


にきびが出来やすい年代関連ページ

にきびができる原因について
ニキビが出来るにはかならず原因があります。その原因は、1人1人違いますが自分にあてはまることがあれば改善する努力をしてみましょう。
ニキビが炎症を起こす原因
ニキビとは、皮膚の炎症性疾患の一つです。顔面、胸、背に発症するものを、医学的に尋常性ざそうといいます。一般的には、青年期に顔面に発生するものをニキビと呼びます。
大人ニキビの原因と改善法
ニキビというと思春期にできるものと思いがちですが、実際には大人になってからもできます。
肌の乾燥とニキビ
乾燥肌なのにニキビができるにはいくつか理由があります。肌が乾燥していると肌のうるおいを補うために皮脂が多く分泌されるようになります。多く分泌された皮脂が毛穴につまりニキビができやすくなるのです。