MENU

肌が乾燥してるのになぜニキビができるの?

乾燥肌なのにニキビができるにはいくつか理由があります。

 

肌が乾燥していると肌のうるおいを補うために皮脂が多く分泌されるようになります。
多く分泌された皮脂が毛穴につまりニキビができやすくなるのです。

 

また、肌が乾燥しているとターンオーバーが正常に行われません。角質が傷つきやすくなり、雑菌が入りやすい状態になってしまうことも。
ターンオーバーが乱れると毛穴づまりを起こしやすくなるので注意が必要です。

 

肌の乾燥によって角質が硬くなってくると、角質そのものが厚くなり角質肥厚という状態になり、毛穴の出口を塞いでしまいます。

 

出口をふさがれた毛穴はほんの少しの皮脂が分泌されただけでも、毛穴の中にとどまってしまうためニキビの原因になってしまうのです。

 

乾燥によってできるニキビは、肌が乾燥しやすい頬の周辺やアゴの付近にできやすい特徴がありますが、これは古くなって硬くなった角質が毛穴を塞いでいることが原因の一つです。

 

肌が乾燥しているのにニキビができるという方は、肌の水分量がかなり不足していると考えられます。
セラミド、ヒアルロン酸などの保湿効果が高い成分が配合されたスキンケア商品でケアをしましょう。

 

また、毛穴に詰まった角質をしっかり落とせる毛穴洗顔料を使って毎日洗顔をしてみましょう。

 

 

しつこいニキビを治す方法 - TOPへ

 

 

肌が乾燥してるのになぜニキビができるの?関連ページ

にきびができる原因について
ニキビが出来るにはかならず原因があります。その原因は、1人1人違いますが自分にあてはまることがあれば改善する努力をしてみましょう。
にきびが出来やすい年代
ニキビと一言で呼ばれますができる箇所によって原因が違いますし、できやすい年齢も様々違います。それぞれのニキビの原因とできやすい年代について少し説明いたします。
ニキビが炎症を起こす原因
ニキビとは、皮膚の炎症性疾患の一つです。顔面、胸、背に発症するものを、医学的に尋常性ざそうといいます。一般的には、青年期に顔面に発生するものをニキビと呼びます。
大人ニキビの原因と改善法
ニキビというと思春期にできるものと思いがちですが、実際には大人になってからもできます。