MENU

ニキビのできる原因について考える

ニキビが出来るととても気になりますよね。肌に赤い斑点が出来て酷くなるとはれてきます。はれて白く膿が見えてくるとつぶしてしまいます。自然につぶれてくれるのを待っていれば綺麗に治るのですが、途中でつぶしてしまいますと、そこからバイ菌が入りさらに悪くなります。

 

出来ることなら、つぶさないで治すことです。ニキビが出来るには原因があるからなのです。
その原因は、1人1人違います。女性の方に多く見られることは、夜更かしをしてお化粧も落とさないで睡眠した。一回くらいなら平気と言う人がいますが、お肌にとっては残酷なことなのです。化粧をするという事は、毛穴にファンディーションが詰り肌が息出来ない原因になりニキビとなります。

 

ニキビが出来ると隠したくなりついつい厚化粧にしてしまいます。これも原因の一つです。
しかし、事の発端は生活にあることを忘れてはいけません。自分の事だかどうでもいいなどと思わず、自分の事だからこそしっかりとしなければなりません。

 

一人暮らしをしている方は特に気を付けなければならないのです。誰にも迷惑をかけていないからと言いますが、仕事をしている限りは気を付けなければなりません。お得意様の訪問などに出かけた時、先方の方から見られた時印象が悪く見られます。

 

ニキビを作らないようにする為には、生活の乱れをなくして食事もしっかりとり睡眠をして時間にゆとりを持つことと、時にはお肌にご褒美としてエステに行くこともいい事です。また、普段のスキンケアにも気をつかってニキビになりにくいものを使うようにするといいと思います。

 

にきびができやすい原因は食べ物にあるかも?

ふと鏡を覗き込むと己でも知らぬうちに何故か出来てしまっているニキビ。このような経験を持っておられる人はいらっしゃらないでしょうか。
その原因がすぐに思い当たる場合、或いはいくら自身で考えを巡らせども特にこれといった心当たりがない場合など様々かと思います。

 

まず基本的にニキビが出来やすい食べ物としては主に炭水化物や甘い物、また、辛い物や油分の多い食べ物などが挙げられます。
理由はこれらの食べ物にはニキビの原因となる皮脂の材料になる成分が豊富に含まれているためです。

 

しかしその反面、活動するために欠かせない大切な成分も含まれていることも事実なので、決して食べることを禁止するわけではなく、過剰な摂取を控えて腹八分目を心がけることが大切なのです。
また、揚げ物が大好きな方や牛、豚、鶏など所謂動物性脂肪を好んでよく食べるという方には代わりに魚などの魚介類を食べることをお勧めします。なぜなら、魚類の油はDHAやEPAが多く含まれており食べることによって逆に血液をサラサラに変え、ニキビ対策としても効果を期待できるからです。

 

そして今まで挙げてきた他にも注意しなければならないのが海草類です。
一見、健康上に良いとされている食材なのでかなり意外かもしれませんが、海草にはヨード(ヨウ素)という甲状腺ホルモンをつくるために必要なミネラルが含まれており、これがニキビの原因になってしまうのです。

 

しかし、毎日そんなに沢山の海草を摂取さえしなければ良いことなので、そこにさえ気をつければ問題はありません。
一方、今までニキビの原因になりやすい食べ物だけを抽象して説明してきましたが、実はニキビに悪い影響を及ぼしやすい飲み物も存在します。言ってしまえば、何かと一般的にも飲み過ぎは良くないとされている飲酒です。

 

理由として、お酒はニキビを作る原因になる糖分を多く含み、さらに糖や皮脂の代謝を促すビタミンB郡を大量に消費してしまうからです。飲んだ後にご自身の顔が汗ばんでいないかどうか、一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

しつこいニキビを治す - TOPへ

にきびができる原因について関連ページ

にきびが出来やすい年代
ニキビと一言で呼ばれますができる箇所によって原因が違いますし、できやすい年齢も様々違います。それぞれのニキビの原因とできやすい年代について少し説明いたします。
ニキビが炎症を起こす原因
ニキビとは、皮膚の炎症性疾患の一つです。顔面、胸、背に発症するものを、医学的に尋常性ざそうといいます。一般的には、青年期に顔面に発生するものをニキビと呼びます。
大人ニキビの原因と改善法
ニキビというと思春期にできるものと思いがちですが、実際には大人になってからもできます。
肌の乾燥とニキビ
乾燥肌なのにニキビができるにはいくつか理由があります。肌が乾燥していると肌のうるおいを補うために皮脂が多く分泌されるようになります。多く分泌された皮脂が毛穴につまりニキビができやすくなるのです。