MENU

ニキビの炎症が起こる原因について

ニキビとは、皮膚の炎症性疾患の一つです。顔面、胸、背に発症するものを、医学的に尋常性ざそうといいます。
一般的には、青年期に顔面に発生するものをニキビと呼びます。それ以外のものは吹き出物と呼ぶことが多いです。

 

ニキビは、ホルモンと細菌と皮脂の相互作用が原因となって、毛穴に炎症が起こることにより発症するものと考えられています。
ニキビは、皮脂を分泌する毛穴に老廃物などが詰まることが発症のきっかけとなります。詰まった毛穴の中に古い皮脂や角質などがたまります。毛穴が開いてしまい中身が見えてしまっている状態が黒ニキビで、毛穴が閉じている状態が白ニキビという状態です。

 

黒ニキビや白ニキビの状態から、赤いニキビになる原因を作り出すのは、皮膚に非常に多く存在するアクネかん菌です。
アクネかん菌は嫌気性の細菌で、酸素の少ない皮脂せんの奥などに生息しています。皮脂を好むので詰まってしまった毛穴の中で、過剰に皮脂を栄養として増殖することがあります。

 

脂肪分解酵素のリパーゼを分泌するので、皮脂を遊離脂肪酸に変化させます。これを、紫外線や空気中の酸素が過酸化脂質へと変化させます。
皮脂が、遊離脂肪酸へ変化し、酸化された過酸化脂質へと変化した結果として、炎症が起きて赤くなったり、膿がたまって黄色い部分ができたりします。

 

さらに症状が進行すると、毛穴が破れて中身が流れ出し、炎症が広がる原因になります。その場合には、皮膚の深い部分を傷つけることになってしまう為に、炎症が治ってもあばたの状態であとが残る場合が多いです。しかし、いまなおニキビのできる原因、全ての仕組みが解明されているという訳ではありません。

 

しつこいニキビを治す方法 - TOPへ

ニキビが炎症を起こす原因関連ページ

にきびができる原因について
ニキビが出来るにはかならず原因があります。その原因は、1人1人違いますが自分にあてはまることがあれば改善する努力をしてみましょう。
にきびが出来やすい年代
ニキビと一言で呼ばれますができる箇所によって原因が違いますし、できやすい年齢も様々違います。それぞれのニキビの原因とできやすい年代について少し説明いたします。
大人ニキビの原因と改善法
ニキビというと思春期にできるものと思いがちですが、実際には大人になってからもできます。
肌の乾燥とニキビ
乾燥肌なのにニキビができるにはいくつか理由があります。肌が乾燥していると肌のうるおいを補うために皮脂が多く分泌されるようになります。多く分泌された皮脂が毛穴につまりニキビができやすくなるのです。